áit áthasach, Ireland

WEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

【ダブリンの路面電車ルアス】チケットの購入方法と乗り方

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170507211340j:plain

【記事の最終更新日:2018年04月12日】

 

そろそろ観光シーズンになってきました。アイルランドの首都ダブリンに旅行の計画を立てている方もいることと思います。数日前に書いた記事では、ルアス(路面電車でダブリン中心地の有名な観光名所はほとんど全部まわれるという事を紹介しました。今回は、ダブリン観光におすすめのルアスの乗り方や、チケットの種類、購入の方法などについて、写真を交えながら紹介したいと思います。

 

blog-ireland.hatenablog.com

 

 

目次

  

ルアスの路線図

ルアスはグリーンラインとレッドラインに分かれています。この2つのラインは以前は繋がっていませんでした。下の地図は2017年12月以前の地図です。2018年以降は下の地図で歩くマークがついている部分が繋がり乗り換えができるようになりました。各路線ごとの停留所駅には変わりがありません。

 

【2017以前のルアス路線図】

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180412151830j:plain

 

【2018年以降の最新のルアス路線図】

 

 

 

チケットの購入場所

チケットの購入場所はルアスの停留所駅のプラット・フォームとなります。(その他にも小さなお店などで購入できるそうですが、ここでは省略します。)

 

この路面電車はルアス(Luas)という会社が運営しています。そのロゴが目印です。乗り場は、中央バス・ステーション(Central Bus Station)、ヒューストン駅(Hueston Sta.)やコノリー駅(Connolly Sta.)の出口の目の前にあるので、分かりやすいと思います。

 

日本やその他の国からダブリンへ旅行に行く場合は、大抵はダブリン空港に到着すると思いますが、空港からレンタカーやタクシーを利用する人は約10分(タクシー料金:昼間は10ユーロ前後、夜間は5ユーロ前後)で街の中心地に着きます。意外はエア・リンク(Air Link 747)のバスを利用すれば、中央バス・ステーション(Central Bus Station)やダブリン中心部にに着くことができます。(時刻表などは↓のリンクを参照して下さい。)

 

チケットの種類

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170507211505j:plain

まず、最初に上の写真のような画面が表示されます。

 

Standard ticket

Standard ticketを押すと、片道チケット、往復チケット、7日間乗り放題チケット(ゾーンごとに料金が変わる)、30日乗り放題チケット(ゾーンごとに料金変わる)が買えます。乗り放題だけど、ゾーン(どれだけ広範囲に行けるか)ごとに料金が変わるシステムは最近世界各地で増えているみたいですね。確か、パリでも同じでした。

 

中心地を回るだけなら、ゾーン2までで十分です。ゾーン2までなら7日間乗り放題で大人は19ユーロ(2017年時点)。2日以内で観光を済ませるなら、Flexi Ticketsの1日券(7ユーロ)を買った方が少しお得です♪

 

Flexi Tickets

こちらを押すと、ゾーンに関係なく1日乗り放題券、7日間乗り放題券、30日乗り放題券、を購入することができます。中心地から少し離れた郊外まで行きたい場合は、こちらがおススメです。※どのチケットにおいても4歳から18歳までは子供料金で、3歳以下は無料です♪

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170507211407j:plain

あとは、お金を入れて購入するだけです。お札は、画面右下のカード挿入口の更に下にあります。この写真では切れちゃってますね。ごめんなさい!クレジットカードも使うことができるみたいです。

 

画面左側にあるのは最近できたLeapカードに使用する部分です。日本でいうスイカsuica)のようなものです。旅行者向けではないような。。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170507211414j:plain

 

チケットは一番下の部分から出てきます。出てくるというよりは、ポストの中に落ちます。

 

乗り方/降り方

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170507211317j:plain

 

乗る時も降りる時も、ドア横にあるボタンを押さないとドアが開かないです。ドアの上には写真のようにルート・マップがあるので便利です。また、各停留所ごとに、電光掲示板に停留所名が表示されるので心配いりません。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170711042355j:plain

 

おわりに

今回は写真がイマイチ良くとれなかったのが、残念です。また、乗る機会があれば、もっと良い写真をとってアップしたいと思います!ダブリンには路面電車(ルアス)で行ける観光名所がたくさんあります。ぜひ、ルアスを活用してダブリン観光を楽しんでください!

 

この記事を読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

筆者がおすすめするアイルランドの本★

 

 

 

【参考リンク】

ルアスの地図とゾーン

www.luas.ie

ルアスのチケットの種類と料金

www.luas.ie

エア・リンク(Air Link 747)の料金と時刻表

747 - Dublin Bus