áit áthasach, Ireland

WEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

アイルランドを直撃したハリケーン「オフィーリア」被害と安否報告

こんにちは★Maroonです。

ブログ休止すると言っておきながら、また記事を書いています。

今日は先ほどコークの病院から帰ってきて、くたくたなのでとりあえず、被害報告と私無事ですよー的なご報告だけしたいと思います。

 

まずは停電ですが、先日のお昼頃から今朝の11時頃まで続きました。約24時間停電していたことになります。これは、私がアイルランドで経験した停電では最長レベルです。その間の情報元は、スマホのみで、しかもMobile Dataが使えたのは15時の数分、18時に数分、20時半頃に数分でした。どうも制限がされていたような感じがします。家はオール電化なので、夜中と朝方はまったく暖房がない状態で過ごしました。でも、結構暖かかったです。

 

ご近所さんの中には、自家発電機を使って発電している人もいました!さすがだと思いました。私たちも万が一に備えて、何か対策を練らなくてはと思っています。今朝まだ停電中の自宅を出て、8時のバスに乗ってコーク市まで行きました。同じコーク県でもコーク市はハリケーン「オフィーリア」が最初に直撃した場所。

 

何も情報がないので、バスが動いているかどうかも分からないし、病院が外来を受け付けているかも分からない状態でしたが、病院は自家発電や予備電気があるので、開いているに違いないと予想して、バスはダメもとでとにかくバス亭まで迎いました。

 

こういう時は、経験上行動ありきです。案の定、バスは大幅に遅れてはいましたが、一応動いていて、ギリギリ予約の時間に間に合うことができました。病院に向かう途中で、コークの被害状況を見ました。思ったより、被害が少なかったのには驚きました。私の住んでいるヨールはレンガが一つ道端に落ちていたり、木製の柵が壊れていたぐらいでしたが、コークはもっとひどかったようです。

 

https://www.instagram.com/p/BaXCnk3lYxQ/

Instagram@maroon_Ireland

 

「English Market」付近のポストオフィスの前の信号機が斜めになっています。コーク市内には、このような光景がいくつかありました。日本の台風でも、ここまでひどいのは遭遇したことがありません。

 

https://www.instagram.com/p/BaXCd1jlr7a/

Instagram@maroon_Ireland

 

細めの木がなぎ倒されて池にそのまま浮いていました。いつもは白鳥らしき美しい鳥たちでにぎわっている公園です。

 

https://www.instagram.com/p/BaXCRUmlyh6/

Instagram@maroon_Ireland

 

この写真の木は細めですが、これの2倍ぐらいある太さの木が、根元から折れていたのを、数ヶ所で目撃しました! この辺りは、コーク空港から数分の場所。周りに大きな建物が少ないせいか、相当な爆風だったようですね。

 

https://www.instagram.com/p/BaXCIRmlyKy/

Instagram@maroon_Ireland

ヨールに帰ってきて、ほっとした光景。昨日の荒波は一体どこに消えたのかと思うほど、今日はとても穏やかな海。

 

https://www.instagram.com/p/BaXCCRfFIXW/

Instagram@maroon_Ireland

いつもの灯台もちゃんとあります。丘の上では、何事もなかったかのように牛たちが放牧されて、のんびりとした夕方のひと時を過ごしていました。

 

私は、明日も8時のバスでコーク市まで行って検査をしなくてはなりません。検査は金曜日まで続き、来週の月曜から入院という予定になりました。なので、無事にそれほど予定が狂うこともなく治療を受けることができそうです!

 

明日の検査では、結構多めにヨウ素を飲まされるので、今日で娘とハグしたりするのは最後です。ブログも今日で最後です。ちょっと寂しいですが、また元気になればすぐに再開できるので、どうかのんびりと待っていてくださいね。

 

コメントくださった方、ありがとうございました。退院後にしっかりとお返事します。

 

今日も、最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。