áit áthasach, Ireland

WEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

今週のヨーロッパの主なニュースのまとめ【2018年3月4日~9日】

こんにちは★Maroonです。いつも素敵なコメント、はてなスターありがとうございます!新たに作ったブログにも想像していた以上の読者登録があり、本当に嬉しくありがたく思います。

 

このブログの新しい企画として、「毎週ヨーロッパの主なニュースのまとめ」を紹介することを始めたいと思います。今のところ、期間限定であまり人気がなければ止めようかなと思っています。でも続けられるように、しっかりと書きたいと思います。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180310011517j:plain

photo by Branden Harvey  

今週ヨーロッパで起きた主なニュース

電子時計が6分遅れる!?

今週、ヨーロッパ25カ国の電子時計が6分間遅れたそうです。このことが、どれだけ経済、政治、市民の生活に影響を与えたかは分かっていませんが、かなり衝撃的なニュースでした。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180310012314j:plain

photo by Eliud Gil Samaniego

 

原因は、コソボセルビア間の紛争が引き起こしたもので、電気が電力網から漏電した結果、電子時計が狂い出したそうです。ポルトガルポーランドから、ギリシャにまたがるヨーロッパ大陸25カ国でまるでドミノ倒しのように、時計が遅れたとのこと。

www.theguardian.com

今現在、世界最先端の技術で一番信頼できると言われている電子時計だけに、紛争によっていとも簡単に遅れが出るとは、誰が想像できたでしょうか?テクノロジーの危さを象徴しているかのような出来事です。

 

欧州中央銀行トランプ大統領の鉄鋼・アルミの輸入関税を「危険」な提案と非難

 

欧州中央銀行総裁のMario Draghi氏は、2018年3月8日(木曜日)、ドイツのフランクフルトで記者会見を行い、トランプ米大統領の提案を「危険」で「一方的な動き」と批判しました。

https://www.usnews.com/news/business/articles/2018-03-08/markets-watch-european-central-bank-for-hint-on-stimulus-end

 

対中国の政策がスチール世界第2位の産出国であるヨーロッパ・カナダをも敵にまわしてしまうことになる事は、事前に予想がつかなかったのでしょうか?または、ヨーロッパ・カナダをも巻き込んだ貿易戦争を始めようとしているのでは?という見方もあるようです。彼の発言からは今後目が離せません。

 

欧州中央銀行総裁の会見後にユーロ高を受け、欧州株価が高い水準を維持

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180310012652j:plain

photo by Chris Liverani

 

欧州中央銀行(ECB)総裁のインフレに対する慎重な見方を背景に、ユーロ高の影響を受けて高い水準を維持。

 

ドイツ株価指数DAXボードは、2018年3月7日、ドイツのフランクフルト証券取引所で汎欧州STOXX 600は終盤に1.1%上昇し、ユーロ圏株.STOXXEも1.1%上昇したとのこと。

www.reuters.com

欧州中央銀行の発言には、今後、常に注目してゆきたいところです。

 

 

イギリスのEU離脱は「癌治療を遅らせる」危険性がある!?

 

3月8日、英国の有力な医師や慈善団体は、がん治療に使用される核物質は、放射能を急速に失い、備蓄することはできないため、EU離脱によってそれらの輸入ができなくなることで、治療に遅れが出る事を懸念しています。

 

uk.businessinsider.com

私もアイルランドで、アイソトープ治療という放射線治療を受けたので、それらが遅れることがどれだけ患者を不安がらせ、危険にさらすかを良く分かります。国民投票の結果とはいえ、政治的な理由により医療に影響が出て、大切な命が損なわれてしまうのは、避けられなければなりません。

 

今週の為替の動き

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180310013820j:plainphoto by Pepi Stojanovski

 

イギリスポンド対円

1ポンド=147.65円

先週末と比べると1.71円の円高

ユーロ対円

1ユーロ=131.33円

先週末と比べると1.01円の円高

 

ユーロ対イギリスポンド

1ユーロ=1.124ポンド

2016年EU離脱にポンドが底をついてからは、少しずつ上がったり下がったりを繰り返していたイギリスポンドですが、昨年2017年の後半にはEU離脱直後より更にユーロ安になり、ユーロが強い状況が続いています。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180310013545j:plain

photo by STILL

 

私も昨年1ユーロ=1.07ポンドだった頃に、ポンドを買って置こうか迷ったのですが、アイルランド国籍を持っていない日本人の私は北アイルランドイギリスの銀行口座を開くことは不可能という情報を得たので、買いませんでした。

 

最近、じわりじわりと上がってきているので、口座を開かずに現金貯金をしようかと迷っているこの頃です。今週3月4日(日)は1ユーロ=1.11ポンドから始まり、9日(金)の今現在1ユーロ=1.124ポンドとなっています。

 

ちなみに、アイルランドの郵便局では外国為替のFX口座が持てるカードが発行されていますが、アイルランドに滞在するビザを持っている日本人なら持つ事は可能かもしれません。詳しい情報が分かったら、このブログで紹介したいと思います。

 

アメリカの長期金利の上昇でドル高円安が続いているので、今はむしろ米ドルを買う時期のように思います。

 

以上、今週のヨーロッパの主なニュースを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?中には日本ですでに話題になっていることもあれば、あまり知られていないこともあります。少しでも多くの人に読んでいただければ幸いです。

 

本日もこのブログを最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。