áit áthasach, Ireland

WEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

2018年3月31日に見れるブルームーンの観測方法は?|ブルームーンの由来の真相を解明

 

こんにちは★Maroon(マルーン)です。アイルランドでも春分を迎え、緯度が高いアイルランドでは太陽の高度が一気に高くなりました。おかげで、大分春らしい陽射しになりました。日本だけの伝統と思いがちな春分のお祝い」ですが、実はアイルランドヨーロッパ全土では昔からお祝いの儀式が行われてきました。今回はそんな春分」とも深く関係のある満月「ブルームーン」の由来の真相について解明してみました。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20180323202323j:plain

photo by Linda Xu

 

ブルームーンの由来や観測方法は?

 2018年3月31日のブルームーンの由来や観測方法は私のもう一つのブログを読んで下さい↓↓

kosodate-blog-ireland-mama.hatenablog.com

 

なぜ「春分」のお祝いは西洋と東洋で共通しているのか?

大昔に人類がアフリカ大陸の森の隅っこで暮らしていた時、アフリカの森を飛び出して新世界へ旅立った人々がいました。彼らは中東を経てカスピ海に面するコーカサス地方で生活していました。

 

実はこの地が後のコーカソイド(白色人種)が生まれた場所だと言われています。この地に止まった人々もしくは、そこから更に北西へ向かった人々が今のヨーロッパの白色人種のご先祖様と言われています。

 

そして、コーカサス地方から東へ向かった人々がいました。それが、アジア人の起源と言われています。この説には反対意見も多く異説もありますが、今の所はこの説が有力視されています。

 

www.instagram.com

 

日本人も西洋人も「春分」「秋分」を祝い、亡くなった人々を思い偲びます。これらの儀式が共通している理由は、それらの元となる宗教文化が、コーカサス地方白人人種とアジア人が分岐する以前から存在していたからだと思います。

 

残念ながら、今のところ世界や日本の古代の宗教儀式についての研究している人は少なく、今後より多くの研究結果が出てくることを願います。より詳しい情報が入ったら、ブログで随時紹介したいと思います!

 

今日の一枚

https://www.instagram.com/p/BgjUzfLH0B5/

今日の一枚。この街で一番海がきれいに見える場所。Maroon_Ireland@Instagram

 

https://www.instagram.com/p/BgjVJGznach/

今日の干潮は12時30分だった。干潮の時は沖の方に波が引いてくれるので、普段は海の中にあるビーチが露出され、8キロあるビーチを途中で途切れることなく歩ける。Maroon_Ireland@Instagram 

 

この記事を最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。