áit áthasach, Ireland

宇宙好きのトラベルライターが人生を豊かにする情報をお届け

DIYデコレーション術【準備編】ヨーロッパ風インテリアに挑戦!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190616232747j:plain

こんにちは。Maroonです。引越したばかりの頃は、インテリアやお庭のデコレーションを一からやり直さなくてはならないので、なかなか大変ですよね。おちおちブログの更新もしていられません。そこで、今回は、週に1時間から始められるDIYデコレーションをご紹介します!

 

  

 

短時間でコツコツとDIYデコレーションを進める方法

1.見せる収納にするか隠す収納にするかを決める

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190617000315j:plain

デコレーション例

まずは、最近流行っている「見せる収納」か極力隠すタイプの収納にするのかを決めたほうが無難だと思います。もしくは、7:3の割合で「隠す収納」にするなど、割合で決める方法も。

 

なぜ、そうする必要があるのか?

 

 実を言うと、収納やインテリアを始めた途端に、見せる収納の方がいい!と感じてブレる可能性があるからです。もちろん、途中で計画を変更することも可能ですが、時間のない人はなるべく無駄を省きたいですよね?

 

最初からある程度決めておけば、後でやり直す手間がはぶけますよ。

 

2.どんなスタイルのインテリアデザインにするかを決める

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190617000514j:plain

デコレーション例

私は現在ヨーロッパ在住なので家の雰囲気に合わせて、アンティークとモダンな小物を組み合わせたヨーロッパ風インテリア(レトロ、部分的にモダンクラシック・スタイル)に挑戦しています。

 

ちなみに、現在住んでいる家は賃貸で、結構レトロな雰囲気のお家です。

 

家具付きのお家で、クラッシックスタイルの家具やレトロな家具が揃っているため、その雰囲気に合わせることになりました。

 

大家さんがとてもいい人で、お庭もお部屋も好きにリノベーションして良いとのことなので、壁の色を好きな色に塗り替える予定ですが、壁にはなるべく穴を開けないように釘ではなくピンを使用しています。

 

ジャンルでいうと、他にもたくさん選択肢はあります。たとえば、・・・

  1. 北欧風
  2. ブルックリン(男前風)
  3. 和モダン風
  4. アンティーク風
  5. ミニマル
  6. 洋モダン風
  7. インダストリアル
  8. ナチュラ
  9. 地中海風
  10. カントリー(アメリカンカントリー、イングリッシュカントリー、フレンチカントリーなどの種類があります。)
  11. 南国風
  12. レトロ
  13. コンテンポラリー
  14. ビンテージ
  15. クラシック(伝統的なロココ風や王室風などに分かれます)
  16. モダンクラシック
  17. アジアン

この作業だけでも頭がクリアになって、自分が求めているものが明白になりますよ。おすすすです。

 

作業のコツ

住んでいる家に特徴があって、それに合わせたインテリアを考えている人は、一度、家の内部の写真を部屋ごとに撮影してみると、どのような雰囲気なのかが客観的に分かりますよ。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190617000645j:plain

さらには、すでに持っている家具を捨てるのではなく、それらを引き立たせて活用するのにも、上記の方法は最適です。

 

3.どんなインテリアにしたいか情報集めする

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190617000714j:plain

デコレーション例

最初から、どんなインテリアやデコレーションにしたいかイメージできる人は少ないのではないでしょうか?誰でも最初は、雑誌などからヒントを得て、少しずつ自分の心地良いと感じるスタイルを発見していくのだと思います。

 

また、コスト的に予算オーバーになってしまう場合や、時間がかかりすぎてしまう場合は、計画に無理があるということなので、プランを見直す必要があります。

 

私の場合は、まず最初に、実現可能でハードルが高くなさそうな雑誌を選び、ヒントを得ていきました。それで物足りない部分は、他の雑誌を参考にしたりもしました。

 

以下は、私が実際に参考にした雑誌です。

 

 

 

この2冊だけでも、十分に参考になったのですが、読んでいるともっと勉強したい!と思えてきて他にもたくさん読みました。

 

私は、この2冊はもう穴が開くぐらい(笑)何度も読み返しました。

 

Kindleを持っていて、Amazon Unlimitedに入会していれば、ほとんどが無料で読める雑誌ばかりなので、お財布にも優しいです。

 

 

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - 第7世代

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - 第7世代

 

 

上の2冊を読んで更に余力がある人は、以下の雑誌もおすすめです。

 

 

DIYで作る可愛い収納家具 (私のカントリー別冊)

DIYで作る可愛い収納家具 (私のカントリー別冊)

 

 

自分で家具を作ってみたい人には、おすすめの本です。 

 

 

 

DIYツールを揃える

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190617000808j:plain

必要な物は、その都度そろえて行けば良いと思いますが、基本的に必要なツールは以下になります。

 

  • ハンマー(金槌)
  • ピン
  • 太めのマスキングテープ(白)
  • 油性マーカー(黒)
  • 麻ひも
  • 切れのよいはさみ
  • 収納に使うための小箱(お菓子が入っていた箱など)
  • グルーガン(100均のもので十分)

 

部分ごとにDIYデコレーションしていく

時間のない方が、DIYデコレーションにかけられる時間はそれほど多くはありません。たとえば、毎週末1時間しかかけられないとすれば、お部屋をセクションごとにDIYデコレーションしていくのが、おすすめです。

 

<参考例>

1週目 デスク

2週目 デスクの上の空間

3週目 デスクの下の空間

4週目 クローゼットの上段

5週目 クローゼットの下段

6週目 寝室の窓かざり

7週目 寝室の本棚

8週目 キッチンの戸棚①

9週目 キッチンの戸棚②

10週目 キッチンテーブルまわり

11週目 キッチンの壁

12週目 リビングの小物の整理

 

上記は、あくまで参考例ですが、週に1時間でもコツコツ続ければ、3ヶ月~4ヶ月で、大体のデコレーションができてきます。

実際に私もそのような方法で、少しずつDIYデコレーションを進めて成功しました。

次回からは、実際に私たちの家のDIYデコレーション例を写真などをまじえながら、ご紹介したいと思います。

 

小物や素材の調達方法を考える

例えば、収納カゴであれば、日本在住ならセリアなど100均でも十分に可愛いものが手に入りますが、海外在住の場合、そうはいきません。

 

以下の5つを効率良く組み合わせて、小物や素材を調達する必要があります。参考にしてみてください。

  • EURO SAVERなどの(現地の100円ショップ)
  • アンティークショップ
  • チャリティショップやリサイクリングショップ
  • 大型スーパーのインテリアコーナー
  • オンラインショップ

 

この記事を最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。