áit áthasach, Ireland

宇宙好きのトラベルライターが人生を豊かにする情報をお届け

DIYデコレーション術【化粧台・ドレッサー編】ヨーロッパ風インテリアに挑戦!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701022221j:plain


こんにちは、Maroonです。今回は、化粧台の上にごちゃごちゃ散乱した物たちを、いかにすっきり見せるかが、課題です。毎日使用する化粧台だからこそ、きちんと収納して使いやすくしたいですよね。この記事では、化粧台の上の収納&DIYデコレーション術をご紹介します!

 

 

 

 

 

メイク道具はすべて箱に収納!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701015116j:plain

ダイソーで購入した無印風収納ボックス 2段重ね

私は、こまごまとしたメイク道具は全て、プラスチック箱の中に収納しています。

 

メイク道具は、それぞれの商品にさまざまなカラーが使用されているので、箱の中にしまってフタをしておかないと、色が拡散して化粧台全体が落ち着かない雰囲気になってしまいます。

 

メイク道具入れを取り出すのは一日に何回ぐらい?

私の場合、メイク道具を使用するのは、一日にせいぜい2~3回です。朝、全体的に薄化粧をしたら、あとは食後にリップを塗りなおすのに取り出すぐらい。

 

そう思うと、このボックスを化粧台の上に置く必要性ってあまりないんですよね。

 

このメイクボックスを化粧台に置くと、それだけで存在感が強く目立ってしまうので、近くの本棚に置いて、必要な時だけ取り出して使っています。

 

メイク道具はカテゴリーごとに分ける

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701015743j:plain

メイク道具がカテゴリーごとに収納されたボックス

私は、メイク道具は、カテゴリーごとにそれぞれのボックスに分類し、最後に使用頻度の高いボックスから順に重ねて収納しています。

 

こうすることで、使用頻度の高い物が取り出しやすくなります。

 

私の場合、リップスティックやデオドラントの箱が一番上、ニッパーや爪切りが入ったトレーが2番目になるようにしています。

 

ダイソーで購入した無印風ボックスが優秀な理由

日本に帰国した時に、床のコードを収納する目的で購入した、ダイソーのボックス。実は、このボックスはメイクボックスとして使用すると、とても優秀です。

 

特に、ネイル用品は細長い道具が多いので、収納するのにはとても便利。私は、ネイリストの学校にも通ったことがあり、ネイルケア用品は多めに揃えているので、助かっています★

 

優秀な理由は?
  1. カテゴリーごとに分類できる
  2. 浅いトレーにはブラシやネイルファイルなど薄いものが収納できる
  3. 使用頻度の高いものから順に重ねられる
  4. 安価(トレーとボックスは別売りで、各100円)
  5. 見た目がシンプルでお洒落
  6. 半透明なので中身が良い感じで透けて見える

 

BEFORE

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701021831j:plain

散乱しているジュエリーボックスやヘアケア用品をどうにかしたい。・・・

 

できれば、ヘアケア用品は全く見えないようにしたい。・・・

 

しかし、フタをしてしまうと、空気の通りが悪くなり衛生上あまり良くありません。

 

そこで、深めのボックスに小分けにして収納することにしました。

 

 

AFTER

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701022221j:plain

これですっきり。全体がすっきりしたおかげで、デコレーションのティーセットや、最近購入した絵にもフォーカスできるようになりました。

 

細部チェック

ヘアケア・スキンケア用品の収納

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701023005j:plain

DIYデコレーション 収納

収納ボックスと空き箱を利用してヘア・スキンケア用品を整理整頓しました。

 

日本ならば、様々な大きさのアクリルボックスが安く手に入るのですが、アイルランドは調度良い大きさの物が手に入らないので、空き箱を利用しました。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701023404j:plain

DIYデコレーション 収納 空き箱リサイクル

 

小物・素材
  • ひゃくえもんで購入した収納ボックス 各100円
  • 子どものスムージーが入っていた空き箱 0円

 

アゴムの収納

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701023727j:plain

DIYデコレーション 収納 ヘアゴ

アゴムは、何かにくくり付けると、いざ必要なときに使いやすくなるのでおススメです。

 

小さな空き瓶を使用すれば、中にヘアピンを収納できるので、一石二鳥!空き瓶のリサイクルは、とっさに思いついたアイデアですが、意外に役に立っています。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701024149j:plain

DIYデコレーション 収納 ヘアピン

 

 

 

 

使用頻度の低いジュエリーは別な場所に保管する!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701025045j:plain

DIYデコレーション 収納 ジュエリー

私は、普段付けるジュエリー、または季節にあったジュエリーのみを、化粧台の上に置くようにしています。

 

全部出してしまうのは、それだけで場所を占拠してしまうので、無謀すぎます。化粧台に出しておくのは、指輪とイヤリングのみ!

 

ネックレスは髪型や服に合わせる?

ごちゃごちゃ感が目立つネックレスは、クローゼットの中に取り付けてあるフックにかけて保管しています。

 

私は、ネックレスはむしろ服や髪型など全体の雰囲気に合わせたいので、クローゼットに収納しておき、服と一緒に姿見で確認しながら選びます。

 

こういった理由からも、クローゼットにネックレスを収納しておくと、とても便利です。

 

小物・素材
  • アゴムを飾っている空き瓶 0円
  • 友人が編んでくれたクロシェマット 0円
  • 旦那さんの革靴についてきた革ラベルで作ったキーホルダー 0円
  • ダイソーで購入したガラス製のリングホルダー 100円
  • 母の形見のジュエリーボックス(グアムのお土産?) 0円

 

その他のデコレーション

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701030509j:plain

DIYデコレーション 化粧台

 

アイルランドやヨーロッパでは、カフェなどに行くと、こういうタイプのティーセットをよく見かけます。エッグホルダーやミルク容器までついて一つのセット。

 

なんだか、見ているだけで少しカフェにいるようなリラックスした気分に。

 

週末などで、娘が義理両親宅にステイオーバーしている日の朝は、ゆっくりとこのティーセットで紅茶を入れて飲むこともあります。ほんの小さなことでリラックス度がだいぶ高くなるものですね。

 

小物・素材
  • リサイクルショップで購入した新品のステンレス・ティーセット(トレーとプレートが付いて) 2ユーロ
  • 母の形見の銀スプーン 0円
  • 友人が編んでくれたクロシェ 0円
  • 帰国時にセリアで購入したカーテンクリップ 100円

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190701031700j:plain

DIYデコレーション 収納 ジェムストーン

こうして見ると、よくもこんな狭いスペースにたくさん置いてあるものだと、人ごとのように関心してしまいます。

 

鉱物系、ジェムストーンなどは人並みに興味があるので、投資の意味もかねてたまに購入しています。

 

一部のジェムストーンは、10年後には値段が飛び跳ねると言われており、ヨーロッパでは投資として購入する人も多いようです。

 

私は、日本ではCitronの原石が全く出回っていないことに目をつけて、こちらを3回払いで購入しました。当時、ライターの収入もなく貧しかったので、28ユーロを3回払いでやっと購入できた時は、本当に嬉しかったです。

 

小物・素材

シトロンの原石 28ユーロ

イタリアのトロイの木馬(友人からのプレゼント) 0円

リサイクルショップで見つけたクリスタルの置物 3ユーロ

友人からいただいたベネチアングラスのペンとインク 0円

 

こうして見ると、ありがたいことに、いただき物が非常に多いな~。と感じます。しかも、私が好きな物ばかり。私も人にプレゼントするのが大好きなので、そのせいかもしれませんが。

 

一つひとつの物に、その方との思い出が含まれており、常に過去に出会った人たちが私の生活の一部になって生きているような暖かな気持ちにしてくれます。

 

おわりに

今回は、DIYデコレーション術【化粧台・ドレッサー編】をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?日本人がヨーロッパで、異文化のヨーロッパ風にチャレンジするのって結構大変です。

 

一つ気付いたことは、ヨーロッパでは日本と違いシンメトリー(左右対称であること)が美しさの根本的な概念となっていること。

 

私も、アイルランドで生活していて毎日がチャレンジだな、といい意味で刺激になっています。

 

この記事を最後まで、読んでくださいましてありがとうございました。