áit áthasach, Ireland

宇宙好きのトラベルライターが人生を豊かにする情報をお届け

2019年7月17日の部分月食は、「笑う」ブラッドムーン!?

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190713022202j:plain

 

7月17日に日本でも観測できる予定の部分月食。実は、この部分月食はブラッドムーンで「笑っているような」真っ赤な月になるそうです。少し不気味ですよね。これは、部分月食により上半分が隠れるためだそうです。今回は、17日に予定の部分月食についてご説明いたします。

 

 

 

 

ブラッドムーンって何?

ブラッドムーンとは別名「赤い月」ともいわれ、皆既月食の時に月が赤く染まる現象をいうそうです。

ブラッドムーンとは(blood moon)

赤色に変色した月の通称。地球の影が月に完全にかかる皆既月食の時に神秘的な赤色になる現象。

 

 

なぜ「笑っている」ように見えるの?

7月17日の部分月食では、満月の上半分が隠れます。月は球体なので、上半分が隠れると、残りの部分がまるで「笑っている」かのように、両端がつり上がった形になります。

 

そのため、海外などでは、すでに「スマイリーブラッドムーン」と呼ばれ、話題になっています。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190713022246j:plain

 

ちなみに、今回のようにスマイリーブラッドムーンになるのは、珍しいことです。普段の三日月なら赤い月になることはありません。

 

それに、上半分が隠れるというのも、なかなか見られないことです。

 

7月17日部分月食の詳しい情報

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190713022317j:plain

 

部分月食の時間や方角、見られる地方などについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。よろしければ、読んでみてください。

 

 

日本では、梅雨に入ってしまっているので、見られるか微妙なところですが、雲が途切れるといいですね。

 

この記事を、最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。