áit áthasach, Ireland

宇宙好きのトラベルライターが人生を豊かにする情報をお届け

【保存版】甲状腺の病気と上手く付き合うために役立つ本!口コミ・感想あり

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190727021512j:plain

癌は、撲滅しようとすればするほど、抵抗して繁殖する生き物。ならば、上手く付き合うという方法があります。それは、甲状腺のほかの病気でも同じことが言えるのではないでしょうか?ここでは、甲状腺の病気と上手につきあうために役立つ本の詳細や口コミをご紹介します!

 

 

 

このブログを書いている筆者Maroonは、以下のような経験を持っています。

 

  • 小さい頃から、母親が癌と闘う姿を見て育った
  • 私自身も甲状腺癌と診断され、全摘出の手術を受けた
  • 2017年 アイソトープ治療を受ける
  • 2018年4月に全ての甲状腺癌が体内からなくなったと診断された
  • 父親も癌を発症し、介護を行った
  • 両親や自分の生活習慣を観察して、癌を発症しやすい生活習慣を発見

 

 

甲状腺癌と上手く付き合うための本

この記事で紹介する本は、すべて口コミが高評価の本ばかりです。筆者が実際に読んでみて、参考になった本もふくまれています。

 

甲状腺癌と被爆との関係性がよく分かる本

 

原発事故と甲状腺がん (幻冬舎ルネッサンス新書) 』

著者:菅谷 昭

この本が役立つポイント

 

この本の口コミサマリー
  • この本の医師がベラルーシで手術をした時の描写が、しっかりと書かれてある
  • 科学的な資料をもとに書かれてある
  • 内部被爆の恐ろしさについてしっかりと説明されている
  • 住民の視点で書かれてある
この本のおすすめポイント
  • Kindle版あり
  • Kindle版はテキスト読み上げ機能つきなので、オーディオブックとしても使用できる
  • 被爆による健康被害とそれに対する具体策を示してくれている
この本の残念な点
  • 現在、新書は、中古品しか流通していない
  • Wi-Fiに接続していないと、Kindle版をダウンロードできない
  • ファイルサイズが大きいため、3G接続でダウンロードできない
こんな人にはこの本はあまりおすすめできません

 

筆者の正直な感想
  • このボリュームと内容で、Kindle版の価格が463円というのは、値段相応だと思います。

購入はこちらから↓

 

 

癌とともに生きるヒントが得られる本

 

『からだに寄りそう―がんと暮らす日々』

筆者:波多江 伸子

 

この本が役立つポイント
  • この本の筆者は、甲状腺癌など癌を2度経験しています。
  • この本の筆者は、両親を自宅ホスピスで看病した経験があります。
  • 自身の闘病体験から得られた病気と死の和解術を紹介しています。
  • 癌と闘わずに、寄り添って生きるヒントが得られます

 

この本の口コミサマリー
  • 2回目の癌では、入院を楽しむ心の余裕も感じられる!
  • 病と親密になるストーリー!
この本の残念なポイント 
  • Kindle版がない
  • 新書は、新品が2万円以上するので、実質、中古品しかない

 

※この項目は書きかけです。

購入はこちらから↓

からだに寄りそう―がんと暮らす日々

 

アイソトープ治療前の人に役立つ本 

 

甲状腺専門・伊藤病院がおくるヨウ素制限食レシピ 』

 筆者:高橋優香

 

この本が役立つポイント
  • アイソトープ治療の前に、ヨウ素制限をしなくてはならない!どんな料理を作ればいいの分からない!という時に役立ちます。
  • アイソトープ治療患者以外で、ヨウ素制限をしなくてはならない患者に役立ちます。
  • パセドウ病、甲状腺癌の制限食品目が一目で分かります。

 

この本の口コミサマリー
  • 作り方が分かりやすい!
  • メニューがたくさんある!
  • 飽きることがない!

 

購入はこちらから↓ 

 

 

甲状腺の病気、症状別で知りたい人におすすめの本

 

『症例解説でよくわかる甲状腺の病気』

筆者:山内 泰介

 

この本が役立つポイント
  • この本を書いた人は、甲状腺専門クリニックの院長です。
  • 甲状腺に異常があっても、適切な治療を受けれていない人は一読の価値ある本です。
  • 甲状腺の病気を持っている人が、自分の病気をよりたくさん理解するのに向いている本です。
この本の口コミサマリー
  • 橋本病やパセドウ病のことにもふれている!
  • 分かりやすい!読みやすい!
  • 図解もあって分かりやすい!

 

 購入はこちらから↓

 

この記事は、随時、更新中です。更新時にはお知らせいたします。

 

橋本病の方には、こちらの本がおすすめです。

www.maroon-golden.com