A Happy New Year! アイルランドより心をこめて

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20200103074602j:plain



 今年も、無事明けまして、おめでとうございます。

 

去年は、少ない更新にもかかわらず、当ブログを訪問してくださいまして、ありがとうございました。しかし、有言実行が全くできておらず、申し訳なく思っております。

 

 

先月の、『新たな人生の分岐点』に対するコメントは、非常に心の支えになりました。ブックマークやツイッターなどで、アドバイスをくださった方、ありがとうございました!

 

・実は大変な年明けだった・・・

実は、私は大晦日から高熱と全身の痛みにおそわれて、うなされていました。

 

こんな痛い思いをしたのは久しぶりで、発狂しそうでした。

 

体調管理、大切ですね。

体調や年齢を考えて、今年やれることを考えよう、という年齢になりました。

 

・苦しい思いをして気づくこともある 

ところで、たまには苦しい思いをする、というのもいい体験です。

 

何のために、書くのか、

誰のために、書くのか、

 

そんなシンプルで、難しい問いを繰り返すことで、

本当は、空っぽで、やりたい事が定まっていない自分と向き合うことができたからです。

 

「中心軸となる芯」がないからこそ、柔軟にいろいろな事に関心をもち吸収できる。

毎日が新鮮で、色鮮やかさを失わない。

 

その一方で、

 

「真の自分を知らないまま死にたくないな」

 

という不安が心のどこかに、いつもあった。

 

 

それは、明日見つかるかも分からないし、一生見つからないかもしれない。

 

「器用貧乏」とはこのことですね。

 

 

うさぎと亀なら、亀のように生きる。

 

それが、私の最近のモットーです。このブログも、そのように書き進めていけたらいいな。

 

今年も、宜しくお願いいたします。

 

Maroon